トップページ >  > 20代、30代に多い混合肌のスキンケア方法って!?

20代、30代に多い混合肌のスキンケア方法って!?

10代は皮脂分泌がさかんなオイリー肌、30代は乾燥が気になる乾燥肌が多くなりますよね。では20代は?というとこれはオイリーな人もいれば、乾燥がちな人いて20代はこれっ!分類するのは難しいです。


お肌の曲がり角は25歳というのが一般的で、これ以降は間違ったスキンケアや夜更かし、バランスの悪い食生活、仕事が忙しく交感神経優位の生活など生活習慣によってだいぶ肌の状態に差がでてきてしまいます。


しっかりお手入れできていれば皮脂もまだ多い20代から30代の肌は安定しているのが普通ですが、毎日の生活習慣次第では安定とはほど遠い、ジェットコースターのような変化にさらされる人もいるってことですよね。


そんな20代、30代に多い肌タイプのひとつに混合肌というものがあります。


混合肌というのはTゾーンとUゾーンの肌質が違うことをいいますが、一般的に皮脂腺のあるTゾーンはべたつきがちですし、皮脂腺の少ないUゾーンというのはカサつくというのが当たり前です。なので、混合肌を必要以上に問題視することはありません。


どちらかといえば問題なのは、混合肌と似ているオイリードライ肌のほう(あるいはインナードライ肌)。インナードライ肌の特徴としては、肌の脂浮きが代表的で、頬の毛穴は開いてるし、皮脂過剰でテカテカが一番目立ちます。


オイリー肌かと思って皮脂対策をしているのに一向によくならないという場合は、たいていインナードライ肌ですよね。肌の中が乾燥しているので肌から水分が逃げないように皮脂を過剰分泌してしまっている状態です。


こうなると、皮脂が過剰に分泌されているため毛穴は開くし、皮脂が参加して毛穴の黒ずみは目立つし、当然、毛穴詰まりも増えるのでニキビもできやすいなどけっこう大変な目にあいます。


こうした混合肌もオイリードライ肌も肌の水分量が足りていない、皮脂とのバランスが悪いということが原因なので、スキンケアで重要なのは「保湿」であって「皮脂対策」ではないんですね。


そのため混合肌であれば、毎日のお手入れなどは、肌が弱く乾燥しているUゾーンにあわせるのがポイントです。洗顔料やクレンジングをオイリーなTゾーンにあわせて選んでしまうとUゾーンの乾燥がより促進されてしまいますから注意が必要です。


Uゾーンに潤いを補給し、Uゾーンの潤いを守ることが大事です。


オイリードライ肌(インナードライ肌)も角質層の保湿機能は低下し、水分が保持できない状態になっているため起こる問題ですから、セラミドなど保湿成分を補わないといけません。


ベタつく部分があり、また一方でカサつく部分もあるなどオイリーなのか乾燥しているのかわからない状態になることは多々ありますが、そういうときはすべて肌の水分不足(=肌に水分を保持する力が低下)しているということです。