トップページ >  > 肌のバリア機能はきちんと働いていますか?

肌のバリア機能はきちんと働いていますか?

「化粧水を手でつけると手に浸透してしまうからコットンに含んで使っている。」いまだにこんなことを信じてスキンケアをしている人がいるようですが、これは大きな間違いです。


化粧水が手に浸透してしまうのであれば、お風呂に入ればお湯がどんどん肌内に入っていってしまうと思いますが、実際はそんなことにはなりません。それは肌表面にバリア機能が働いているからです。


肌のバリア機能は表皮のなかでも一番上にある角層といわれる角質細胞がびっしり隙間なくぴったり埋まっており、その隙間をセラミドが埋めることで、細胞同士が密着して外からは水や異物を肌の中に入り込まないように働いていますす。


また、もうひとつ肌のバリア機能は外からの刺激に対して肌を守るだけでなく、肌の内側から湧き出る水分を角層に蓄えて蒸発しないように肌の水分を保持する働きもあります。


「外部の刺激から肌を保護し、肌内部からの水分蒸発を防ぐ」という非常に重要な働きをしているのがバリア機能なんです。そして、このバリア機能に欠かせない成分が最強の保湿成分といわれる「セラミド」。


セラミドは細胞同士を密着させる接着剤のような役割だけでなく、保湿成分として水分を逃さず、うるおいをキープする重要な役割を担っています。肌のバリア機能によっては要となる成分なんです。


しかし、このセラミドも紫外線やストレス、加齢の影響などにより肌内部で作り出す働きが弱くなってきます。そうすると、これまでびっしり密着していた角質細胞が崩れだし、そこから侵入してくる刺激が増えて肌が敏感になったり、肌内部のうるおいも蒸発しはじめて肌が乾燥しやすくなってきます。


「30代になって肌が乾燥しはじめた。」「最近、肌が敏感になった」という症状はセラミドが減少しはじめたか、正常に働いておらず、肌のバリア機能が崩れだした兆候なので、外部からしっかり補ってあげる必要があります。


化粧水をたっぷり使って水分を補ってもそれは一時的。セラミドなど保湿成分を補ってバリア機能をしっかり機能させる根本ケアをしないと敏感肌も乾燥肌も改善できないということなんですね。


肌トラブルに負けない健やかな肌は、バリア機能が鍵を握っています。そしてそのバリア機能を正常に機能させるには、保湿成分を補う正しい保湿ケアが必要になります。