トップページ >  > 活性酸素と肌老化の関係。抗酸化成分と酵素SOD

活性酸素と肌老化の関係。抗酸化成分と酵素SOD

皮をむいたリンゴやバナナが時間が経つにつれてどんどん茶色く変色していくのは、空気中の酸素によって酸化されるからです。これと同じことが人間の肌にも起こっています。


肌老化は活性酸素によって促進されてしまうというのはスキンケアに興味がある人はご存知だと思いますが、活性酸素はバナナやリンゴを酸化させる酸素に比べて数十倍もの酸化力を持っているといわれます。


酸化力が強い活性酸素が体内で大量に発生すると、細胞や遺伝子を強烈にサビつかせて劣化、破壊していきます。肌のハリや弾力からシミやシワ、たるみ、ガンの発生まで、老化すべてにこの活性酸素が影響しているといわれます。


この活性酸素は呼吸するだけでも発生してしまうものなので、完全に避けるというのは不可能です。つまり酸化=老化というのは人間として生きる以上、避けられないことです。


ただし、抵抗することはできます。


私達にできることは2つあります。それはできるだけこの活性酸素の発生を抑えることと、体内にある活性酸素を除去するしくみをフル回転させるということです。


活性酸素をたくさん生み出してしまうものには、


◎ 激しすぎる運動(アスリートレベル)
◎ 紫外線
◎ ストレス
◎ 過労
◎ 喫煙
◎ 食生活(食品添加物、甘いものの摂りすぎ、酸化した油)
◎ 大気汚染


と色々あります。こうした活性酸素を極力避けることを意識して日常生活を送るだけでも意識してない人と比べてだいぶ老化スピードに差がついてくるはずです。


それからもうひとつの体内の抗酸化力を高めるということですが、体内には活性酸素を除去する酵素SODという働きがあります。しかし、この酵素SODは30代以降低下してきます。


そのため食品や化粧品などから抗酸化物質を取り入れて補ってあげることが必要になります。具体的に抗酸化物質ってどんなの?ということですが、


◎ ビタミンA・C・E
◎ ポリフェノール (アントシアニン、セサミン、ルチン、カテキン)
◎ カロテノイド (アスタキサンチン、ルテイン、リコピン)


この3つが代表的な抗酸化成分です。


抗酸化物質は色々あってもたらす効果もさまざまですから、どれか1つの抗酸化成分をサプリメントだけで摂取するというより、多種多様な抗酸化物質で肌老化を食い止めるということが重要です。


たっぷりの野菜を食べるようにしましょう!ということです。