トップページ >  > ビタミンC配合コスメの選び方・活かし方

ビタミンC配合コスメの選び方・活かし方

ビタミンCは、毛穴の開き、ニキビ(ニキビ跡含む)、美白、乾燥、シワ・たるみなどあらゆる肌トラブルに結果を出せる美肌にとっては欠かせない万能成分です。


要チェックコラーゲンの生成を促す⇒シワ・たるみに効果あり
要チェックメラニンの排出を促す⇒ニキビ跡・美白効果
要チェック皮脂分泌を抑制効果⇒毛穴やニキビに効果
要チェック抗酸化力があり、活性酸素を除去⇒肌サビ防止


といったようにありとあらゆる肌トラブルに働きかけて症状を改善してくれます。特に毛穴・ニキビに関係した肌トラブルにはその効果に即効性があることは有名ですよね。


このビタミンCですが、コスメで直接肌につけるという方法もあれば、食事から摂取するという方法があります。今回はスキンケアについてだけお話しますが、理想はやっぱり両方、身体の内側と外側からケアすることが美しい肌を保つうえで大事なことです。


ビタミンCによるスキンケアで重要なのがビタミンC配合コスメの選び方です。


ビタミンC誘導体とピュアビタミンC(=L-アスコルビン酸)が配合してあるではどちらを配合した化粧品を選んだらいいのか?それから、ビタミンC誘導体化粧水とビタミンC美容液ならどっちがいいの?ということもあると思います。


まず、ビタミンC誘導体とピュアビタミンC(=L-アスコルビン酸)の違いですが、これは正直なところ2つにそれほど大きな差があるわけではありません。


ビタミンC誘導体入りの商品は、ピュアビタミンCより浸透力が高いと説明されていることが多いですが、今ではピュアビタミンCでもしっかり浸透できる浸透技術があるので差はありませんし、


逆にピュアビタミンC入りの商品の説明にあるようなビタミンC誘導体より肌に作用するビタミンCの量が多いような説明をしているものがありますが、今ではビタミンC誘導体でも効果的な量を浸透させることはできます。


ということで、ピュアビタミンCかビタミンC誘導体かという配合されているビタミンCの形はそれほど気にする必要はないということです。配合成分を含めた、そのビタミンC配合コスメの違いに注目するほうが大事だっていうことですね。


ビタミンC誘導体化粧水とビタミンC美容液ならどっちがいいの?という点についても同様のことがいえます。が、どちらか1つとするならビタミンC誘導体化粧水のほうがいいと思います。


理由としては、ビタミンC誘導体化粧水を使ったイオン導入ができるということと、美容液はより肌悩みに応じた成分を配合したものを使いたいからです。(乾燥ならセラミドなどの保湿成分、美白なら各種美白成分など)。


イオン導入をする美顔器がないという場合は、APPSといわれるビタミンC誘導体化粧水を選ぶのがおすすめです。肌への浸透力を高めた誘導体形なので、イオン導入をしなくてもそれ単体でしっかり角層すみずみまで浸透してくれます。